移動式ピザ窯・自作説明図



株式会社日東書院本社発行の 失敗しない
 ピザ窯作りの基本 に掲載されました。  平成26年9月15日発売

株式会社日東書院本社発行ピザ窯作りの基本
株式会社日東書院本社発行ピザ窯作りの基本

アクセスありがとうございます。
ピザとピザ窯に興味をお持ちの皆様が多いことにビックリです。発売以来、毎日多くのアクセスを頂き又お問い合わせもございます。
この説明では不十分な事もあり、作成される皆様に判り易い資料に努め、新しくアップいたしました。

こちらをご覧ください

移動式ピザ窯・自作説明図

移動式ピザ窯・台車にレンガの組み方説明図

移動式ピザ窯・ドーム部分作図とレンガ切断加工


移動式ピザ窯・挿入口の工作と全体配置図

移動式ピザ窯・横・後レンガの組み方説明図


移動式ピザ窯製作の記録                                 ・・・・・・・記 録・2012/9/10・・・・・・・

PIZZA石窯の製作

カタクリの花が咲く頃、平松カタクリ園に来園されるお客様から要望があった事が製作の動機です。

家の庭や軒先に移動して多勢で楽しめます。
1つ焼く時間は約3分以内で出来ます。テーブルに食材を用意し思い思いにトッピングして、出来合いを批評し楽しんでいます。
私は食べる事も好きですが、何よりピザ石窯自作を思い立ち大谷石を購入した時から製作に挑戦しました。
しかし、耐火セメントの扱い方を不勉強、耐火モルタルを知らないで反省、耐火モルタルも使用すればよかったかなー。
ドームの設計でも、耐火セメントの性質を知らない為にレンガを積みながら耐火レンガの切断修正。製図より変形し綺麗なドームにならない。
完成し杉の割木で火入れ、これが早とちり窯の口は杉ヤニで真っ黒け。中は温度が上がって煤は取れました。
松や杉はヤニが多いから使わないと思っていたが、うっかり使って誠に残念。(完成右写真)
皆様も製作して下さい。固定式や移動式、作るのも楽しいです。


窯口の蓋、ステンレス板にビスで木片を止めて立てかける仕組み。
ステンレス板を多めに用意してパーラーも手作り
 

調 理能力
直径30cm1枚、 25cmを同時に2枚。 焼き上がり時間は3分くらいです。
熱が窯全体でほぼ均一なので、平均的に焼けます

準備加熱
薪1束程度でスタンバイ出来ます。約15分くらい必要。 初めは焦げるので少し温度が下がったほうが良い。
高温の時椎茸や玉葱など焼けます
追加加熱
続けて焼く場合は、火力を見ながら薪1本を追加する程度で調整する。
後片付け
窯の中の残りの薪は其の儘にして置くと後で灰の処理のみで安全

余談
残りの温度でお肉を焼き、更に残りの温度でパンが焼けます。

 出来るだけ詳しく説明しようと思いましたが、解りにくい事になりました。上から順にご覧戴くと大まかな手順がお分かり戴けると思います。
製作キット作成致します。
この図面サイズの窯のドーム部分レンガ切断をします。(ご希望のドームサイズをお望みは連絡下さい。)製作応援が必要な場合は出張応援します。連絡を

詳細については電話下さい。
716-0302 岡山県高梁市備中町布瀬1002-1
   平松カタクリ園製作  
お問合わせ携帯電話090-3746-1531 平松