景勝地
所在地
みどころ
ほtpかいど つくば  筑波山と言えばガマの油で有名。ガマ石の前で考えたということからガマの油の発祥の地と言えます。
女体山御本殿 つくば  伊弉冉尊を祀っている神社で「母の胎内くぐり」、巨大な岩の林立する「弁慶七戻り」などがあり楽しめる。
筑波山 つくば  西の富士・東の筑波と並び称され
立身石 つくば  親鸞聖人も樺太に旅立つまえの間宮林蔵もここを参詣したと言う。
牛久沼 牛久  ブラックバスなどのスポーツフィッシングが盛んな場所。全国からアングラーが訪れる
塚原ト伝の墓 鹿嶋市  戦国末期。あの剣聖とうたわれた鹿島新当流の開祖塚原ト伝の墓。
旧取手本陣 取手  歴代の水戸藩主が泊まった本陣で、九代藩主・徳川斉昭はここで「さしてゆく棹のとりでの渡し守思う方へととく着きにけり」(「渡し守」が「渡し舟」、
「思う方へと」が「思う方へは」と詠っています。 
弘道館 水戸  水戸藩第9代藩主徳川斉昭公文武両道を基本理念に医学・薬学・天文学・蘭学など幅広い学問をとり入れた近代的な学校。
東照宮 水戸  水戸藩の初代藩主である徳川頼房公が元和7年1621父である徳川家康公を祀る神社として創建しました
偕楽園 水戸  天保13年1842水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により造営された日本三名園の一つです。
袋田の滝 大子  いわずと知れた、日本三大瀑布の一つ。高さ120m・幅73mの大きさを誇ります。大岸壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれ、
秋の紅葉時は滝と紅葉のハーモニーを奏でる。
大洗海岸 大洗  太平洋に面した、美しい海岸で、太平洋の外洋に面しているので、荒波が押し寄せるサーファーには涙ものの場所。
北浦 潮来  霞ヶ浦の北側にあり、白鳥の飛来地で有名。11月中旬になると多くの白鳥がシベリアから飛来します。 
霞ヶ浦 土浦  日本で2番目の167平方kmの面積を誇る湖で帆曳き船で有名。
一の関池 那珂湊  白鳥の飛来地として有名。
鈴木家住宅 那珂湊  光圀の娘を嫁に迎えるほどの大庄屋だった鈴木家の旧宅。水戸光圀も西山荘に行くときよく立ち寄ったという。
伊師浜海岸 日立  緑の松林をバックに従い、緩やかな美しい曲線を見せる海岸。
各ページの記載事項・写真は無断転用を禁じます。
すべての著作権は 備北観光鰍ノ帰属します。