景勝地
所在地
みどころ
羽黒山 羽黒町 鎌倉時代、義経を追って源頼朝が平泉の藤原氏を討つにあたり、必勝を祈願して寄進したと伝えられているお寺。
玉川寺庭園 羽黒町 1251年、道元禅師の高弟・了然法明禅師の開山と伝えられてる出羽の古刹。美しい庭園は古庭園として国の名勝に指定されています。
立岩 温海町 立岩は日本海に直立した高さ51mの奇岩。日本海に夕日が沈むさまは圧巻。
幻想の森 戸沢村 樹齢1,000年以上といわれる山ノ内杉の老木が立ち並び、さながら日光の杉並木を彷彿させる古道。
最上峡 戸沢村 雄大な最上川の流れと、木々が水面近くまで茂った峡谷は四季折々の素晴らしい顔を見せてくれます。
与蔵沼 鮭川村 標高685mの与蔵峠にある直径200mほどの小沼。色々な伝説が残っているところで、神秘的な湖。
三本木沼 山形 西蔵王高原にあり、ひっそりとした静かな佇まいを見せる湖。紅葉時はなかなかの景色である。
文翔館 山形 大正5年に県庁舎と議事堂として建設されましたが、今は山形県の郷土館として地元に親しまれています。
建物は国の重要文化財に指定されています。
蔵王 山形市 樹氷で有名な蔵王。蔵王スキー場の山頂駅までの樹氷の眺めは最高。麓には名湯蔵王温泉があります。
旧鎧屋 酒田 元禄時代に豪商として全国に名を馳せた鐙屋惣左衛門。北前の豪商として今も酒田の人々に尊敬されています。
本間家旧本邸 酒田 北前船の拠点として栄えた頃の豪商の館。
温身平 小国町 飯豊山荘から遊歩道が整備されており、ブナの原生林と清流玉川の散策が出来る。
黒沢峠敷石道 小国町 米沢から越後に抜けていくほぼ中間にある峠。江戸の風情を感じられる敷石の道は紅葉時には紅葉の回廊になります。
赤芝峡 小国町 巨岩と川との流れと周りの景色が織り成す風景は来る人を感動させずにはいられません。紅葉時は本当に最高。
上山城 上山 松平藤井氏三万石の居城だったが、戦国時代は最上氏や伊達市の衝突した場所でもあった戦国時代の拠点。
斉藤茂吉記念館上山 上山 日本を代表する俳人斉藤茂吉の生まれ故郷がここ上山。自筆の書画、原稿、映像などの資料を展示しています。
蔵王坊平高原 上山 坊平高原は高山植物の宝庫。また、お釜にも近く、蔵王の美しい景観を堪能できます。
芭蕉の句碑 新庄 「水の奥 氷室尋る 柳哉」を刻んだ句碑があります。
月山 西川 標高1984mと意外に低いと感じるが、高山植物が咲き乱れ、スキーも夏スキーが出来るほど、標高以上の自然があります。
七ツ滝 朝日村 高さ90mの大滝で、周りの紅葉とあいまって素晴らしい景色を見せる。
大日坊 朝日村 大同二年弘法大師の開基である大日坊は、正式名称は湯殿山瀧水寺金剛院と言い、出羽きっての古刹。
鶴岡公園鶴ヶ岡城址 鶴ヶ岡城址 酒井家の歴代藩主の居城跡で、桜の名所としても知られている。旧濠と樹齢数百年の老杉が江戸時代の風情を感じる。
愛宕沼 天童 面積46,000uの小さな沼。
くぐり滝 南陽 巨岩のアーチを水がくぐるとても珍しい滝。
玉簾の滝 八幡町 日向川の上流にある落差63メートル勇壮な滝。
数河の池 八幡町 大正5年に出来た灌漑用の溜池。
飯豊連峰 飯豊町 飯豊山2105mを主峰とする飯豊連峰は豪雪地帯としても知られ。万年雪も見ることが出来ます。
銀鉱洞 尾花沢 銀山温泉から歩いて15分ほどにある昔の銀山跡。浴衣で一巡りできるほど手軽な観光地。国指定の史跡。
徳良湖 尾花沢 面積257,000uで冬には渡り鳥が多く飛来する場所で知られている。
山楯の大欅 平田町 樹齢800年以上、幹回り8.6mの大欅です。近くで見るとその幹の太さに圧倒されます。
十二滝 平田町 一番目の滝から12番目の滝まで300mほどで、滝見台からはまとめてみることが出来る。
吾妻連峰 米沢 西吾妻連峰の登山口として知られる米沢。
山中の一軒宿 米沢 五色、滑川、姥湯、大平と湯量豊富で素晴らしい源泉を持っている一軒宿がごろごろあります。
酒造資料館 米沢 県内の髄一の380余年という歴史を誇る蔵元の小嶋総本店本町二丁目が日本酒の理解を深めてもらうために開設した資料館
上杉家廟所 米沢 元和9年16233月20日上杉景勝公逝去の時に、創建されて以来、初代謙信公から12代斉定公まで埋葬されている。
上杉伯爵邸 米沢 明治29年に当時の当主上杉氏14代茂憲伯爵邸として建てられ庭の美しさから鶴鳴館と称されました。
旧青山本邸 遊佐町 山形の鰊御殿と言っていいほどの豪勢な館。遊佐町出身の漁業家、青山留吉が1890年明治23年に建設。
月山湖大噴水   高さ112mまで達する大噴水。一時間後とに打ち上げます。
神通峡   月布川上流にあり、さながら奥入瀬渓流のような美しさを感じる渓谷。
大宝館   大正時代に建てられたオランダバロック風建築で今は人物資料館として営業している。
各ページの記載事項・写真は無断転用を禁じます。
すべての著作権は 備北観光鰍ノ帰属します。